マッサージを受けよう

腰

マッサージとの違い

整体とマッサージとの違いは、施術方法によって違います。
整体は体の歪みなどを正しい位置に治すということを目標にしています。
しかし、マッサージ治療は身体の筋肉をほぐすということや、血液やリンパの流れを良くするということを目標としています。
主に整体治療で行われている治療方法は、関節の歪みやズレを改善すること、身体全体のバランスを整えるといった施術が行われています。
また、整体とマッサージでは根本的な考え方が違っています。
整体では、身体の痛みや不具合は歪みから来ているといった考えがありますので、骨を正しい位置に戻すことが優先されています。
しかし、マッサージでは硬くなっている筋肉などをほぐすことによって、身体の不具合が解消されるといった考えがあるのです。
ですが、マッサージ治療では時間が経過すると、再び元の状態に戻るといったことがあります。

資格も違う

整体治療とマッサージ治療を行なう時には、持っている資格も違ってきます。
整体師の資格は民間の資格になります。しかし、マッサージ師の資格はあん摩マッサージ指圧師という国家資格が必要なのです。
整体師の資格は通信講座などで取得することができます。マッサージ師の資格は、国が指定している養成学校を卒業して国家資格を取得しなければなりません。
そして、整体師として働く時には資格が必ず必要というわけではありませんが、マッサージ師の場合では資格が必要になります。
骨の歪みを治す整体、筋肉をほぐすマッサージ、どれも目的が違いますので自分に合う治療方法を選択しましょう。